キャンプする前にリサイクルグッズを見ておこう

キャンプ用品を買う時はまずリサイクルグッズを見てみよう!

とりあえず購入するならリサイクルグッズで十分!

一度もキャンプをしたことがないという人であったとしても、キャンプに必要な物と聞いて思いつくのはテントではないでしょうか。
テントは耐久性だけでなく、安全面や機能面を重視した良いものを用意しておいた方がいいといいます。
そしてテントを設営する際には風で飛ばされることがないようにペグでしっかりと固定することが基本ですから、専用のペグハンマーも用意しておくようにしましょう。
このちょっとしたところを節約しようとして、石や普通の金槌で代用するとペグが破損する原因となってしまいますのでおすすめできません。

雨や風を凌ぐことができるテントの設営が完了したら、今度はテント内部の環境を整えていきます。
ゴツゴツとした固い地面であったとしても、快適に寝ることができるようにクッション性のあるマットや防寒対策のためにはシュラフが必需品となります。
さらに寝心地を向上させるために、空気を入れて膨らますタイプの枕や耳栓があるといいまもしれません。
そうすれば雨が降ってきたとしてもテントに打ち付ける雨音に悩まされることなく眠りにつくことができるはずです。
また大自然の中で行うキャンプは繁華街と違って夜になると真っ暗になり、月明かりだけが頼りとなってしまいますのでテント内や手元を照らすためのランタンやネックライトを用意しておくことをおすすめします。
さらにコンビニやファミレスのないキャンプ場では食材や飲み物を冷やしておくためのクーラーボックスや調理をする為の器具が必要になります。

また、アウトドアを楽しむ際には救急箱を忘れてはいけません。
虫に刺されたり、川遊びで怪我をした際の応急処置ができる程度のものを揃えておきましょう。

TOPへ戻る